メインイメージ
お問い合せ
ご質問・ご意見など
こちらから直接送る事が出来ます。
HOME > 環境衛生管理業務
環境衛生管理業務

店舗やオフィスビル、ホテル・旅館、美術館など多数の人々が利用する3,000m2(学校は8,000m2)以上の建築物を「特定建築物」といいます。この特定建築物には「ビル衛生管理法」により“空気環境測定”“給排水の管理”“清掃作業”“貯水槽清掃”“ねずみ・昆虫等の防除”などを実施することが義務づけられています。弊社では多数の有資格者が、それぞれ専門の技術でサービスを提供しています。

植栽管理 植栽管理

空気環境測定

温度や湿度、二酸化炭素、浮遊粉塵、気流、ホルムアルデヒドの有無などを定期的に測定し、改善策をご提案から実施まで行います。目に見えない環境の状態を調査し、数値化することで改善策を導き出すという作業は、不特定多数の方々が利用する施設内の健康環境のために欠かせないサービスです。

給排水の管理

貯水タンクに入った水道水の残留塩素を測定し、水道水のタンク内での汚れを監視します。例え塩素消毒された水道水でもタンク内で汚れては環境衛生は維持できません。適正な対策をご提案します。また排水管等の保守管理も行います。

清掃作業

施設内の床掃除や窓などの清掃作業を通じて、粉塵の浮遊を抑えたり、菌の繁殖や病害虫の生息できない環境をつくり、常時衛生的な施設環境を維持します。

貯水槽清掃

人間が快適で衛生的な生活環境を維持するためには、清潔な給水施設を持続的に保持する必要があります。特に受水槽や高置水槽の掃除と消毒は、不特定多数の人が利用するオフィスビルや公共施設にとっては欠かせません。弊社の経験と技術が的確な対策と清掃作業を行います。

ねずみ・昆虫等の防除

トイレや給湯設備、配管などがあって結露しやすい場所、機械室など水の出る場所は、そのままゴキブリやねずみなど、害虫や不快害虫の住処となります。まず駆除作業を行い、同時に水が漏れたりしないよう原因を取り除く最善の防除策を講じます